サムとシェルティ

スキッパーキサムは明らかに対応に困っている。

誰が見ても困っているようにしか見えないと思うサムの姿。表情。相手に応えることも、逃げることもできない感じで、ただ見つめ合わないよう視線と耳を動かすだけのスキッパーキ。

激しいアプローチが収まったところで、そろりと、さり気なくというのか、一人で探索しています風を装っているみたいにゆっくりとあるき出す。逃げ出すのではなく、動き出す。相手を刺激しないように。

その様な、光景を見るのは久しぶり。サムの微妙な行動が、何故困っているのかといえば、レディから熱烈なお誘いを受けての事だからだ。

スキッパーキ以外にもワンコは沢山いる。それなのにサムを選んでくれたらしい。

もちろん一緒に遊ぼうと誘われているだけなのだろうが、サムにもの凄くご執心のようで、他に見向きもせずにサム一筋にサムだけを見てくれている。

相手はシェットランド・シープドッグ。シェルティーのメロンちゃん。

サムのことを気に入ってくれてサムの傍を離れなれずついて回り、時たま吠えて気を引くような感じの物凄く可愛いレディで、ちゃんと挨拶をしてくれて、とても人懐っこくて、毛並みもツヤッツヤスルスルふわふわっとスキッパーキと大違いの柔らかいロン毛。

可愛い笑顔?と一生懸命呼びかけるアピールに、サムは困惑しているという状況。

スキッパーキよりも華奢で小さい小型犬には意味もなく吠えられることはよくある。
サムが一生懸命に誘ってもスルーするのは大型犬。

たまに一緒に遊ぶのは中型犬が多い。単なるスキッパーキサムの今までのパターンだ。

今までシェルティーに誘われたことが無かったので、意外だと思いながらサム達の行動を見守っていた。

たまたまなのだろうが、過去に出会ったシェルティは全くスキッパーキには興味はないのに、犬よりも一緒にいる人の方が好きで、人とはよく遊ぶワンコばかりだった。飼い主がきりがないからいいですよーと言うぐらい、サムなら既に飽きてフラッとどこかにいってしまうような遊びでも、すごくネダラレへとへとになるまで遊んだりしていた。


大人しいサムはその間文句も言わず探索している。というのが今までのシェルティーとのやり取りなのだが、今回に関しては人よりもスキッパーキに強く興味を持っているシェルティーちゃんだ。犬種特有のものに加え性格だから、当たり前のことなのだが、メロンちゃんの反応はとても嬉しかった。

それなのに、当事者であるスキッパーキサムはメロンちゃんのお誘いに全く応えようとしない。さり気なくスルーしている。気遣っているようではあるけれど、遊ばない。

サムのストライクゾーンではないようだ。

もしかしたらトラウマがあるのかも知れないと思ってしまう。

そう思う原因となるものを間接的に見ることによって「あれはない」と思ったからだ。

昔ショーに出る時に預けていた頃、メスのスキッパーキにすごい勢いで追いかけられている所を、吠えられている所を観たことがある。

観たことがあるというのは、動画でその場面を見たのだ。スキッパーキがスキッパーキを追いかけている。それも執拗に。意地が悪いなと思った。明らかに質の悪いいじめで、しかもサム同様ショー出陳の為長らくいる若いメスだと言うではないか・・・そんな場面を見せられて唖然とした。そこそこスキッパーキの中で楽しく暮らしていたと思っていたから、サムはもの凄くシャイでその頃は、本当におとなしかったし、うまくやっていると思っていた。


動画の中では優しい大人しいサムは反撃すること無く耐えていた。オスよりはメスのほうが気が強いとは聞いていたが、少しショックな一場面を知ってしまった。

もしかしたら、その子のせいで積極的なレディが苦手になったのではないのかと最近では密かに思っている。

その子は関西に住んでいるらしいしもう二度と会うことは無いと思うが、サムの心に何らかの影響を与えたのはではないのかと思ってしまうほど、積極的なレディを避けるスキッパーキサム。

どこに行ってもアプローチしてくるレディにはクールな対応をしているのはそのせいではないのだろうかと思ってしまう。

単なる想像でしか無いのだけれど、サムの気持ちを教えて欲しい。

そんなだから、メロンちゃんはとっても良い子なのに、最終的にはサムに応えてもらえず、飼い主さんのもとに戻っていった。

そしてサムは何事もなかったように傍にくる。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる