観光名所ではない広い公園に行く

お出かけ

観光名所ではない広い公園に行く

投稿日:

観光名所ではない広い公園がある事を知り立ち寄った。

スキッパーキサムと一緒に行くところ探し。新規開拓である。

どの様な所か事前に調べていなかったので、広い駐車場と、公園に遊びにきているだろう団体がいる事を示す大型バスが止まってるのを見ておどろいた。
凄く地味な感じの公園だと思っていたのだけれど、意外とメジャーなのかも知れない?初めてのところは期待が膨らむ。

芝生で覆い尽くされている間の歩道をサムと歩き出し、周りを見るも、凄く広くて気持ちがいい。
貸自転車があるという事は相当広いという事で、森林公園みたいだなと思いながらどんどんスキッパーキサムと歩いていく。

初めてのところだから好奇心いっぱいな人とスキッパーキ。

池やフィールドアスレチック、キャンプ場、そり遊び場の横をちょっと羨ましいなと思いながら通り過ぎる。
サムと一緒にそりに乗って滑ったら、サムは驚いてしまうだろか?などと思ったりする。
いつの間にか「サムと一緒に」が普通になってきている事に苦笑いする。
親バカ犬バカサムバカだ。そんな事考えている事など分からないサムはいつもと変わらずトットトットと軽快に足を運んでいる。

高台で周りを見渡すと一面の芝のグリーンが鮮やかで、緑の木々がポイントの様にありとても綺麗だ。小学生があちこちで思い思いに芝生の上で遊んでいる。大型バスは小学生達を乗せてきたのかと納得する。サムを見て触りたそうにしているので、声をかけたけれども、触りたいけど怖いようで、恐る恐るコワゴワ触ろうとするが、サムは他のことに気を取られてでもいるのか、いつものことなのだが関心なくスルッと体を避けたりする。
この様な時は、尻尾振ってスリスリしに行ったら相手は嬉しいのになと思ったりもするが、そこがスキッパーキなのだから仕方ないとも思ったりした。

そうこの時はまだまだサムの事分かっていなかったから、何かの時はスキッパーキだからと思っていた。スキッパーキという犬種の性質、性格だと。

犬種特有の性質というものにして納得させていただけで、「サム」の性格を何よりも分かっていなかっただけだった。

単純でストレートな性格ならば分かりやすいものをサムは決してそうではない。だから分からないことが多すぎる。
テレパシーがあれば良いのになどと思ったりするが、サムの考えている事全て分かったらそれはそれで怖いよう。ダメだよう。だけどね。

広い広い公園初めて訪れるから全て新鮮だったから、ただ歩くだけで楽しい。
天気が良いから余計に気持ちも晴れやかだから尚更だ。
まだまだ行っていないところは沢山ある。
気持ちの良い場所をまた一つ見つけた。







-お出かけ
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.