氷解そして理解

ペット宿

氷解そして理解

投稿日:2017年8月17日

静かに舞うように降る雪の中、フリスビー(ディスク)を追いかけるスキッパーキサム。サムはディスクを取りに行く事ができるという事で、今迄ボールを投げていたのをディスクに変え遊んだ。頑張ってディスクを追いかけるスキッパーキ。だが如何せん投げる方に問題があった。ヘタ。思うように投げられない。それでもサムは取りに行く。
空中キャッチが出来る投げ方ではない。こんなに投げるのが難しいとは・・・
酷い投げ方にもかかわらずサムは走って取りに行っていたが、そこはスキッパーキですから、やはりラブラドールの様に投げれば必ず持って来ることをしない。突然放棄して別な事をしだす。変わらないな。

ドッグランを出て、はらはらと雪が舞う中遊歩道をのんびりと歩き。西洋風に言えばガゼボ、日本風に言えば東屋と呼ばれる建物でサムと休憩した。まさか雪が降るとは思ってもいなかった事が少し嬉しく、おそらく今年の冬見る事が出来る最後の雪だと思うと何故かとても優しく感じられた。

部屋に戻り、直ぐに風呂を頂きに行く。広い風呂に入り手足を伸ばせて浸かる幸せ。普段味わえない贅沢を感じている間サムは脱衣所で休んでいる穏やかな時間。そして夕食はどれもこれもおいしいし、絶妙のタイミングで出して貰えるこの上ない幸せ。アルコールを取らないので、一心不乱に食べる事に専念してしまう早食い。グッドタイミングで頂けることは通常何処に行っても滅多にない事なので、より感激してしまう。
タイミングがいい、タイミングが合うという事は素晴らしい事だ。食事のタイミングが合うと、美味しさも、幸せも倍増する。何でもタイミングって大事だけれど、合わせる事は難しい。なんて思ったりしているうちに完食。ごちそうさま。

食後は夜のとばりが降りた中、ドッグランでフラフラし、散歩をトボトボして部屋に戻ったら、待ちに待ってたティータイムの時間になった。
ケーキとコーヒーを頂きながら色々なことを話したり、聞いたりするのが楽しい。
あまり経験しない事だからとてもいい刺激になる。
そうこうしていると他の宿泊の方々が先に部屋に戻り我々だけになったのだが、話が楽しくてそのままオーナーさん達と話していた。

オーナーさん達は流石で、スキッパーキサムの事をちゃんと見ていてくれていて、ごくごく極小のぎこちなさを察知された。前に来た時から半年も経っているのに。
何とサムの表情が、目が、口角が違うと。
全て分かってくれる。そう思えて、堰き止められていたものが取られたように、ちょとした事情を一気に話してしまった。

オーナーさん達は話をしっかり聞いてくれて、適切な言葉をくれる。スッと体に染み込むみたいに良く分かる。ありがたいアドバイス。そして、もうワダカマリは無い。
サムをしっかり可愛がって、サムへの愛情を体全体でサムに伝えるべく表現していこうと思った。
スキッパーキという犬種だったから履き違えてしまった事がある。犬種よりも何よりも、サムの性質、性格を深く深く理解せねばならないのに、何も言わないのをいい事に勝手をしてしまった。
サムは思っている以上にポテンシャルが高く、デリケートで優しい。
親バカ犬バカ。だから、もっと、もっと。サムの事を理解して、もっとお互い分かり合えたいと思った。そう思えるように接してくれるしっかりした裏付けの言葉、思いやりある思い。ありがとうオーナー。







-ペット宿
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.