懐かしいお弁当

お出かけ

懐かしいお弁当

投稿日:2018年2月23日

スキッパーキサムと遠出するのはとても楽しく、新しい何かと出会えることを期待してしまう。
目的地に着くまでに立ち寄るサービスエリアがまた楽しい。
今までは休憩ということが一番でサービスエリアに寄っていたのだが、今回は明確な目的がある。

「だるま弁当」

何と言っても、嬉しかったのは「だるま弁当」が置いてあるサービスエリアがある事。
しかも下りにしか置いてないという事で、チャンスは一回。
だるま弁当を食べられる可能性は一度きり。そう思うと凄く楽しくてドキドキする。

たかが駅弁。されど駅弁。意外と「だるま弁当」を食べるチャンスは少ない。
小さい頃に、釜めしやだるま弁当を買ってきてもらった。
普段手にすることのない珍しい入れ物に入ったお弁当はすごく嬉しかった。
そして、食べ終わっても入れ物を綺麗に洗って取って置いたりもした。
陶器の入れ物は捨てるのがもったいなかったし、何かの時に使おうと思っていた。
だるま弁当の入れ物は、赤いだるまさんの形をしているのがよかったし、貯金箱として使える様になっている。
だるまさんの顔はよく見慣れているだるまさん。なんだか縁起が良い気もしていた。
いい思い出、いい記憶しかだるま弁当にはないので、余計にだるま弁当が欲しかった。

サービスエリアについて、まずはだるまさん確認の為、スキッパーキサムは車で一時待機してもらい
いそいそと歩いて行く。背中にサムの視線を感じるけれど、一緒に施設の中に入れないから待ってて下さい。
施設の中には某釜めし屋が一番目立ち、広いエリア、人が一番通るであろう場所にある。
店舗だけでなく臨時なのだろうか別なところでも売っていて、季節限定などもあったりする。
それよりも、だるま弁当だるま弁当とだるまさん探しをする。
あった!結構地味な場所で、下手すれば気が付かないではないですかとおもいながら、迷わずだるま弁当をゲットした。
この満足感はなんとも言えない。

一旦車に戻ってお待ちかねのスキッパーキサムと何にもないサービスエリアを休憩がてら散歩するも楽しい。
緑があるところを一緒に歩く。ほとんどの人は施設と駐車場の往復ぐらいで、のんびりと施設周りを歩いている人はいない。

どんなところを散歩しようともサムは楽しそうにテッテクテッテク歩く。
だるま弁当目的のサービスエリア休憩ではあったけれど、スキッパーキは気にする事なく短い散歩を楽しんでいる。







-お出かけ
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.