多頭飼いを考える2

家族が増えるのであれば、きっとより楽しい日々になるだろう。

サムが赤ちゃんの時にできなかった事を「やり直し」ができるチャンスかも知れない。
いつか機会があれば。多頭飼いという事も将来的に「あり」ではないのか?ぐらいの想像して楽しい日々が・・・

多頭飼いするのであれば「今」がリミット。「今」決めないと時期を逃す?と言う状況になるとは思いもしなかった。

サムの事を思ってくれて、スキッパーキと言う犬種のことも含めいろいろアドバイスをしてくれる。

とてもサムを可愛がってくれているから、よりサムを第一に考えて親身に相談に乗ってくれる。

現実的にいろいろと教えてもらって「ギャップ」に引っかかりを感じた。

多頭飼いの条件がいろいろとあることと、何よりもサムにストレスがかかるという事が予想外だった。

人間同様犬も新しい関係に相当のストレスを感じる。



出来上がった関係に新たに割って加わってくるモノに対して個体差、性格の違いはあれど相当の負荷がある。

相手が同性であれば大きく、異性であれば同性よりも少ないとか、
種族が違えば問題はそれほどでもないと。

スキッパーキのイヌ科に対してねこ科であれば、猫と犬とでは生活空間が違うからそれほど問題にはならないらしい。
猫を飼うのならば、年齢とか性別何も気にしなくても良いみたいなのだが・・・

同族の犬を迎い入れるには、スキッパーキサムを基準とする選択肢として、小型犬、雌。
サムが4歳ぐらい迄にというタイムリミット。

サムが落ち着いてのんびり面倒を見れる頃、ずっとずっと先の事で、それは絶対ではなく、そうなったら良いなぐらいだったのが、ストレスと順応性という大きな課題と期限があり、いたらいいよね〜がいきなりカウントダウンが始まったような追い立てられる感じになった。



想定外。

多頭飼いをするには、皆その基準を考えているのだろうか?

たまたま知っている方達は同じ犬種で、2歳離れている。同じ性別だけど・・・
散歩している時に中型犬1匹、全く違う犬種の小型犬2匹を見たことがある。皆ストレスの中生活しているのだろうか?

相性が合わないのは辛いな。一生不幸だ。

スキッパーキサムとの時間を巻き戻してのやり直しをしたいのだけれど、それはできない。できないから、赤ちゃんを迎えたら、楽しいだろうなと思った。家族が増えれば、喜びも増える。サムも同族だと話が通じるし嬉しいのかと思ったけれど、違うことが解った今、わからなくなった。

そしてこの時から数ヶ月悩みに悩む日々を過ごすことになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください