凄いボリュームで食べきれないと噂の食事タイム

ペット宿

凄いボリュームで食べきれないと噂の食事タイム

投稿日:2017年7月26日

もの凄いボリュームで食べきれないとの噂の待ちに待った食事タイム!
予約時に小食コースなるものをチョイスでき、メイン2品をステーキに変更するというもので、2品を1品に変えるという事は量より質だと思ったのだ。
スキッパーキサムと一緒にお食事とるところに行き、案内された席は突き当り奥。多分いい席なのかもしれない。だが、テーブルを挟んで片方の席はいいけれど、もう片方は何処からでも見える囲いが無いオープン席?!他のテーブル席はみんな隣見えないボックス。え?スイートなのに?スイートだからかも知れないが、かなり微妙で、サムに至っては完璧に落ち着けず、絶えずサーブしてくれる人があちこちテーブル行ったり来たり、隣の犬は吠える。他の席の人は見える(見られる)で可哀相だが、仕方ない。それでも食事タイムが始まるが、ステーキコースでもボリュームがあるとの事だったけれど、食いしん坊なのか、全くボリューム感を感じられずフィニッシュし、部屋に戻りお風呂に行った。

一番人気のお風呂は広い。湯船が二つあってとても気持ちがいい。 滑らないように二つのお風呂を行ったり来たり、満喫して部屋に戻る。ベッドも犬を上げていいという事でベッドカバーしたまま寝るんだよね?どのようにしていいか分からないけど、ベッドカバーが結構厚みがあって硬いのでちょっといつもと勝手が違う。それにベッドで一緒に寝れるのに、サムとは一緒の布団で寝るという事をしていないので、意味ない残念な感じ。
サムは自分の寝床でお休み。そしていつもの如く普通に早寝。

朝は何時もより早く起き、そそくさと用意をしてスキッパーキサムとドッグランへ行く。朝早いからかフリーでいる宿の犬達は寝ていて静か。吠えられる事もなく外に出て、暫し散歩をしてから、昨日入らなかったドッグランへ入る。
木々の向こうで朝陽が見えて、独り占めのドッグランで楽しくはしゃぐ。気持ちがいい!ひとしきり遊び、部屋に戻る途中、グレートデーンとスキンシップをする。
昨日最初は吠えていたグレートデーンだが、すっかり仲良しになり、柵越しにこれでもかぐらい近寄ってきてくれる。ただ残念ながらグレートデーンはスキッパーキは眼中に無い。一緒に居る黒と白のスタンダードプードルも近づいてきているのだか、グレートデーンは近づけさせない甘えん坊さんだ。

そう言えば一番大きな愛玩犬と異名がある程の犬種だったね。とサムを放ったらかしで触ってしまった。グレートデーンとは仲良くなれたが宿の中のフリーな犬達とは縁が全くなかった。むしろサムを威嚇するので近寄らないように距離をとってしまったかな。サイズ的には相性さえ合えば丁度良かったのに残念。

さあ、いよいよ噂に聞くお持ち帰りが当たり前、系列店のパンが沢山出されるとの朝食だー!と結構意気込んで食事会場へ行った。昨日と同じ席に着き、待っていると早速丸いワンプレートに真ん中にカップスープがちょこんとあり、周りにご飯、パスタ、一般的な洋食と、別皿に、丸パンが2つ出てきた。まあ、炭水化物がおおいから、ボリュームあるって言えばあるな。パンはお持ち帰りかなと思っていたら、ワンプレートと同等ぐらいのお皿に10種類のパンが半分に切られて運ばれてきた。これがお持ち帰りするというパン?!確かに多い。

全部は食べきれない。それにお持ち帰り用とパンを入れる袋まで貰った。噂通りのパン三昧にホクホクして殆どのパンを持ち帰る事になったので、系列店でパンを買う事なく、またの機会という感じで、既にお客さんが沢山いるパン屋を横目に宿を立つ。
暫くすると、スキッパーキサムは疲れと睡眠不足で微睡みはじめた。いろんな匂いが気になって落ち着けなかったからね。お休みサム。







-ペット宿
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.