フードファイト(ウェット戦) 終幕

フード

フードファイト(ウェット戦) 終幕

投稿日:2017年9月30日

サムご飯食べようか。優しく言う。
目の前のスキッパーキは食べ物に、と言うかドッグフードに執着がない。
困った事にお腹が空いているはずなのに、食べないのだ。

なだめ、すかし、持ち上げるも食べないとなったら、絶対と言っていい程目の前のフードを無視する。黙殺では無く、あるのを知っていてわざと見ない。絶対見ようとせず、顔を背ける。
怒ってはいけないと思っていても、サムの体の事を考え、食べて欲しいフード。それを口もつけず無視する姿に可愛いとか、しょうがないなぁ等と思えない。
段々と苛立って来る。

まただ。また食べなくなってきている。またか・・・

スキッパーキサムとフードファイトを繰り返す。

小さな食べる食べないのフードファイトは毎日だ。

ドライフードの時は最終的に数十種類常備し食べてはいたが、同じフードは続けて食べない。昨日食べたフードは今日は食べない。
それでも今食べなくても、他の日では食べるという事もあり、まあまあ食べるであろうフードのみだけあるのだが、まるで備蓄品の様に山ほどあった。

どう考えたってスキッパーキ一匹が食べるフードの量では無い。

それでも、それでも嫌々ながらでさえ何とか食べていたのだ。
それが、あっと言う間に牙城から崩され、まさかのウエットフードを食べる様になり、
今度はサムが食べる缶詰が備蓄品の様に置かれた。
だが、缶詰はキッチリ置く事が出来るので意外と綺麗に収まって、ドライフードよりも置いておくには良い感じだった。缶詰ですからその時点で備蓄品ですかね。

よく、どんなに美味しい食事も毎日食べていたら飽きる。だが家庭料理は飽きないと云われるし、実際家で食べるご飯は飽きない。その事と同じ事なのだろうか

最初食べた事が無いものを食べると凄く美味しいと思う。そしてそれが多少続いても美味しいけれど、学習能力、記憶力が働いてきて、いつしか美味しいと思ったものを見るだけで、どんな味だったか分かるようになり、新鮮さも何もなく、特に食べたいと思わなくなっていき、飽きてくる。

スキッパーキサムも同じなのだろうか?

ドライフードを食べなくなり、ウエットフードも食べなくなったら、残されるのは・・・
本当に頭を抱えてますよ。サム。何でも食べる飼い主なのに、何でもは食べないサム。
ちゃんとつい昨日まで食べていたのに、食べないの?
これはどうしたものだろうか?







-フード
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.