ドッグフードファイト〜番外編

サムの肌の状態はかなりよくなった。

先生に刈られた毛も元通りになり、ハゲていたところにも毛が戻ってきて、どこがハゲだったかも分からなくなった。肌のあちこちに見られた赤みもなくなった。
良かった。

と言ってもサムの肌はよく見ると芳しくないところもあるし、よく見える肌の部分は乾燥している感じがする。
もしかしたら、肌が乾燥していた所を掻いてしまい肌の状態が悪化したのではないのだろうか?

そう思った。もしかしたらフードファイトで、ドッグフードをあまり食べないサムに今押されていて、主食がササミになっているから、もしかしたら「脂肪」が足りていないのでは無いのだろうか?

ドッグフードを食べていれば総合栄養食なので特に方よりもなく均等に栄養を取り入れるのだろうが、サムはドッグフードを食べないからドッグフードファイトを日々行っている。

そして最近はシビレル思いをして買うお高いドッグフードも口にしないサムに押されていた。

この頃は、まだまだ強行に食べなければ食べないで構わない。食べないならおしまい。とか、アナタのためだからと無理矢理にでも食べさせる様な事はできなかった。もちろん無理矢理に食べさせることはしないけれども、そのくらい毅然とした態度が取れなかった。食に関しては。

おそらくそのように折れてしまう事を頭のいいスキッパーキ分かっていたのだろう。

食べない時の出されたごはんから目をそらせ寂しげな顔を背けるリアクションがまた切なく見えるのだ。
そうなると絶対に口にすることは無い。傍で誰かが食べていても静かなものなのだ。

このサムの食に対する熱意のなさ、「ごはん」をねだらないのが寂しい。ねだってがっついて食べてほしい。
お腹すいたー!やったーごはんだー!のリアクションが欲しいと切実に思っていた。

この頃のメインディッシュは野菜を少しとササミで、それも何とか食べていた状態。
サムと同じようなものを食べ、同じように運動していたら、絶対ナイスボディになること間違いないと思ったりしたが、そこで「油もの」「脂肪分」がほとんど食していないのではないのか?肌が乾燥しているように見えるのは、本当に潤いが足りないのではないのかと思ったのだ。

必要な栄養素の中の脂肪。脂肪と言っても幅広い。その時時に応じて合う脂肪も変わる。調べれば調べるほどいろいろ出てくる脂肪の世界。

その中でも、今のサムの状態と犬にとって良い脂肪は何かを探った。動物性油脂より植物性油脂のほうがいいというのは何とも不思議ではあったのだけれど、スキッパーキサムの肌改善になればと思い、散々悩んだ挙げ句一つのオイルを取り入れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください