ドッグサロンで確認してもらうサムの肌

ドッグサロンわんばぶにスキッパーキサムをお願いする時は、予約の時間にお預けして、終わったら電話をもらって迎えに行く。
サムの事しか見ていなかったので、今まで然程気にしていなかった店内においてある石鹸をまじまじと見た。

もともと、わんばぶは皮膚がデリケートなワンコにも負担が少ないよう自然素材で作られた手作りせっけんを使用しているというのは知っていたのだが、
手作り石鹸ということで、勝手にオーナーさんが作っているのだとばかり思っていたら、里見千佳先生となる人物が作っている石鹸だった。

知識が乏しくその方の事は存じ上げなかったのだけれど、手作りと手作りじゃないものの境界は一体どこだろう?等と何故か今まで気にもしていなかった石鹸を見て思ったりするのも、サムの肌の調子が悪いからだ。

いくら負担が少ない石けんだろうが、柔らかい軟水を使っていただこうが、多分掻きむしってしまっている肌は滲みるし、刺激があるはず。気持ちよさそうなマイクロバブル浴もやめておいたほうが無難だ。ということで前回は4点セットだけだったのだが、多少良くなって来ているので、肌の清潔も大事だと思い今のサムの肌の状態を説明していつも通りのメニューでお願いした。

少しばかり、肌に刺激が加わり悪化したりしないだろうか等と思ったりする親馬鹿いぬばかサムバカだ。
だから、引き取りに行った時に、オーナーさんが、今のサムの肌の状態がどの様なのかを丁寧に教えてくれたので、もの凄くほっとした。

安心出来てお願いできるわんばぶに出会えて本当に良かった。
サムもわんばぶは嫌いじゃないし、入り口までは率先して入る。今迄は他のワンコ達と仲良くしているし、楽しいのかと思っていたのだが、最近少しばかり嬉しい変化が現れた。
それはお迎えに行くと、嬉しそうにくること。

単純にサムの見方、サムへの接し方が変わっただけで、サムは変わっていないのかもしれないのだが、何となく、パピーの時のスキッパーキは淡々として静で、迎えに来てもそれ程リアクションも無かったのだが、今は嬉しそうに勢いよく傍に来る。

オーナーさんにも、サムちゃん良かったねー。嬉しいね。と言ってもらえる。
大した事ではないのだが、嬉しそうにしてくれると、嬉しい。

ふわふわのサラサラのスキッパーキ。見た目は何も問題なさそうだけど、オーバーコート、アンダーコードの下にこれからの課題が見え隠れしている。
早く良くなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください