チェックイン前に宿のドッグランで遊ぶ

ペット宿

チェックイン前に宿のドッグランで遊ぶ

投稿日:2017年7月22日

宿に早く着いてしまった。おそるおそるこっそりな感じで駐車場に車を乗り入れ、止めさせてもらい、時間まで周りを散歩しようとスキッパーキサムを車から降ろし、玄関に立ち寄ると、早く着かれたお客様はドッグランご利用頂いて・・・。いいの?ドッグラン使っていいの?

素敵!と頭がもう楽しいモードに切り替わって、遠慮無しにドッグランに向かった。
ドッグランに向かう道は緑で覆われ、周りに木々がありとても気持ちがいい。ドッグランの扉を開けて、サムと一緒に入ると、アジリティーができるドッグラン。サムはアジリティの練習はしていないので、一緒にはしゃいで低いハードルを超えたり、Aフレームを昇り降りする以外は、ウィーブ・ポールも何も関係なく追いかけごっこになってしまう。アジリティ気分をエンジョイし、もう一つの隣接している奥のドッグランに入る。

障害物が無いので、ボールを投げるとスキッパーキサムはダッシュして取りに行く。ボールを持って意気揚々と戻ってくる。そしてまたボールを投げるのだが、流石スキッパーキボールの投げる方向予測して、ボールを放すか放さないかで走り出す。そう言えばディスクドッグ、フリスビードッグ競技のディスタンスだとお互いを信頼して、犬は素早く走り、人間は投げる。予測して先回りするのだから凄いな。サムも空中キャッチできるかな?等と思っているとボール取りに行った筈なのに、飽きたのか戻ってこないでドッグランの策に沿ってウロウロ匂い嗅ぎしている。

呼びに行き、追いかけごっこ・・・全然追いかけても、サムについて行く事は出来ないが、一緒だと元気に走り回るスキッパーキサム。サムと一緒に遠慮無く遊び回る事ができて楽しい。体を動かしていると余計なことを考えないですむ。そう言ってたなとふと思い出などがよぎるけれど、それだけだ。哀しみとかは無い。今はスキッパーキと戯れるのに夢中。目の前の一心に遊ぶ事に集中しているスキッパーキサムを追いかけるのに必死。

純粋な瞳で真剣に見つめ、追いかけるサム。そんなサムと一緒にいる事がありがたい。
今を大切にしたい。後悔は何をしてもしてしまう。できる限り後悔がない様にしても過去のことを振り返れば後悔だらけ。分かっていても振り返ってしまう。大切な今があるのに。それをサムが気づかせてくれる。いつでも今を一生懸命生きている。邪心など無い。だから前向きになれた。今の大切さを実感できた。
サムの目に映る景色。綺麗なビー玉に絵ができる。ただサムは遊んでいるだけなのだが、見ていると色々思ってしまう。いい方いい方に純粋なサムに感化される様に。
緑のドッグランとても気持ちがいい。サムと遊んでいると時間が早く過ぎる。チェックインできる時間になっていたので、チェックインしに戻る。

説明をしてもらって、お部屋に案内してもらう時にサムちゃんは、走るの速いですねと言われた。あ!ドッグランで遊んでたの見られてた?って当たり前だよね。
散々騒いで駆け回って、はしゃいで遊んでいたから、全く他の事に気がつかなかった。物凄く気持ちの良いドッグランだった上、貸し切り状態だから、テンション上がって久しぶりに楽しくてサムとの世界に入ってしまっていた。

お部屋に案内してもらい一休み、とても快適。コーヒーを頂いてから散歩をしに出た。
お宿の前の一本道を歩いて戻りドッグランの所の小径を歩くスキッパーキ探検隊だ。
楽しそうに木々の間を歩く。ガゼボの様な休憩所が緑の中にあり、木陰だから涼しいのでとても気持ちがいい。一通り歩いて再びドッグランでスキッパーキサム全開の走りで愉しむ。
本当に嬉しそうに駆け回るサム。こんなに素敵だとは思わなかった。来てよかった。来る事が出来て本当に良かった。







-ペット宿
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.