NEWフードを実食

フード

NEWフードを実食

投稿日:2017年6月9日

スキッパーキのサムに新ドライタイプのドッグフードを投入しよう。と決めた。

フードを変える事により、ドックフードジプシーの始まりになりかねないと思っていても、目の前のサムが食べずに細くなっていく様に耐えられない。フードを食べて欲しい。だから、新しいフードを試せずにはいられなかった。馬鹿だと分かっていてもサムの体が心配なのだ。

そして運よく。サムがドックショー出陳時、サムを待つ間持て余していた時間にサンプルを貰っていた。その時はよもや今まで食べていたドッグフードを食べなくなるとは思ってなく、タダで貰えるからという浅ましさから貰って取って置いたのだ。「何かの時」の保険と同じで、使う日が来るであろうことなどないと思っていた。そして、その何かの時が来た。保険があって本当に良かった。

新ドックフード投入!

取り出して感心した。サンプルと言っても大盤振る舞いの量だ。貰ってそのまましまっていたので、ちゃんと見るのが初めて。嬉しいなぁこんなにあって、流石ドックショーで凄いブースを構えていたところだと改めて気前の良さに感謝し、本当に貰っておいて良かったと、感謝しつつ封を切る。香りが全然違う。器に出すとフードの形状が全然違う。コロンとしている。前は玉を潰したような平たい円形。厚さもあまりなかったが、此れは粒状。色も違う。成分も違う。なんだかよさそうなものまで入っている。説明書も初めてよく見る。違うもんだー!?と感心する。

フードを変える時には少しずつスイッチする。がいいらしい。今迄の物と違うから成分や匂い、味が違うという事は何かしら体にストレスがかかる。食べ物だから合う合わないもある。万が一合わないで体調を崩したり何かしらの反応が出たりするといけない。慎重に様子を見ながら、徐々に量を増やすのが、慣れや反応を見るうえでいいのだろう。
だが、フードの切り替えについては、いろいろな理論。説明があり、一気に変えてしまう方がいいという説もある。

ま、そう固いこと言わず実践あるのみ?!
今迄のフードを食べ残した段階で、少しニュードッグフードを出してみた。
ドキドキする。新しいフード。スキッパーキサムが初めて食べるであろう違うメーカーの違うドライタイプのフード。

いざ実食!新しい匂い、形のフードとご対面のスキッパーキサム。どうだ!?
パクパク、ガリガリ。パクパク。サムにしてみればかなりの食いつきだ。久しぶりにみる良い食べっぷりではないですか!
家に来た時の無心に食べていたであろうサムを思い出す程にちゃんと食べている。
一生懸命に食べているではないか!嬉しい!嬉しいよ!良かった本当に良かった。
久しぶりに。嫌がらずに食べているサムをみれて嬉しい。こんなにもサムがいい反応するとは思いもしなかったし、食べ方に違いが出るとは思わなかった。味は分からないけれど、匂い、形状が明らかに違うから、新鮮でもあるのだろう。(封を切ったばっかりだから間違いなく新鮮)
これで一安心。これだけ美味しそうに食べてくれるのであれば、買い!だな。

いやー本当に貰っておいて良かった。保険って大事だな。







-フード
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.