サムと飛行犬撮影会に行ってみる

お出かけ

サムと飛行犬撮影会に行ってみる

投稿日:2017年6月17日

楽しいお出かけ楽しい旅行。早速次の予定を立て始める。宿は温泉、ドッグランがあるところで、いい感じの所を予約し、更にその次に行くところも探し、少し贅沢に離れ風の岩風呂温泉付きの所を予約した。これで良し。

そして前々から気になっていた「飛行犬撮影」。まるで飛んでいるかのような走っている一瞬の綺麗な写真にとても興味があったので、撮影会が何処で行われるのか見たりしていたのだが、飛行犬撮影日程の中に、スキッパーキサムがドッグランデビューした。いい思い出がある「世界の名犬牧場」があった。これは何かの縁。今迄躊躇していたけれど、いいタイミングなのかも知れないと考えた。

飛行犬と言われている写真で、スキッパーキは見たことが無い。スキッパーキも飛行犬も余りメジャーではない。残念。

どのように写真を撮るのかさえ知らないが、スキッパーキサムの飛んでいる様な写真あったらいいかなぐらいのどうしてもその写真が欲しいと言う訳ではなかった。あったらいいかなぐらいだったから今まで行動には移さずにいたが今回は違う。
ドッグランデビューした時と同じ、様子見てやるか、やらないかを決めればいいと選択肢を持って出発した。

入り口を入るとすぐ左側に飛行犬写真撮影受付があり、話を聞いてみた。広場の一部に特設撮影会場が設置されていて、そこでサムが走っている所を撮ると言うもの。また、撮った写真の著作権放棄が撮影の条件だった。一瞬どうゆうことか理解できなかったが、サインしないと撮ってもらえないと言う事で、出来が良かったらポスターとかに使う事もあるからだとか。あまり深く考えないで、何となく流れ的にサインをして、サムを撮って貰うことになった。

天気はあまり良くなく、小雨が少し降っているせいか、施設は閑散とした雰囲気があったし、飛行犬写真をわざわざ撮ってもらう人などいるのか?と思ったりもしていたが、予約が入っているらしく、順番待ちで、少し待ってもらうと言われ、他にも写真を撮ってもらう人がいたと思うと何故かほっとした。待っている間にどんな感じで撮影するのか、様子も見ることができる。

撮影会場に行くとフリフリの服を着たチワワが撮影準備していた。似合うよね服。可愛いよね。スキッパーキとは全く違う小型犬だ。と観ていると飼い主さんが、おもちゃと、激しい動き、そして大声で、必死にワンちゃんの気を引き出した。そして主役のワンちゃんは走ると言うよりスキップする様な軽い足取りで、アッチコッチ動き回っている。観ているには可愛いのだが、どうやら飼い主さんの思っている事をしてくれていない様で、いろいろと誘導しているみたいなのだがかなり悪戦苦闘してい様に見える。これは飛行犬撮影って言うものは思う様には行かないもので、大変な事なのかもしれないな。などと思いながらチワワの撮影風景を観ていた。

足元にいるサムに目を向けると、サムは遊びたくて、走りたくて仕方ない様だ。出かけるのは楽しい合図となっているのだろう。
どこに行っても、あまつさえ散歩に出かける日常でも、楽しくて仕方がないサムだ。チワワや他の散歩している犬を見て遊びたくてうずうずしている。落ち着けない。興味津々スキッパーキ一緒に遊びたいとオーラが出ている。
サム。もう少し待ってね。もう少ししたら走れるからね。と言っても遊びたい思いが一杯で全然耳に入らない模様。







-お出かけ
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.