スキッパーキのダブル被毛は乾きづらい

スキッパーキ

スキッパーキのダブル被毛は乾きづらい

投稿日:2017年1月10日

スキッパーキのサムがうちに来た時に、今後使うであろうギロチン型爪切りやシャンプーなど買っておいた。ギロチン爪切りは封印したが、シャンプーももう使わなくて良いかと思っている。
シャンプーを使わない理由は、スキッパーキのダブル被毛を乾かすのに、えらく時間がかかるという事。

スキッパーキのサムは、シャンプーの時とても大人しく、されるがままでいる。スキッパーキ特有のふんわりしている普段の毛並みが、シャンプーするとペタッとなって全然違う犬に見えて、これがまた可愛い。

シャンプーをしているワンちゃんは、どの子も凄くかわいい。普段と違う。なんて言うか頼りなさ。情けない的な感じにやられる。いきなり痩せちゃったみたいで、毛が濡れてペトッと張り付いているので、クリックりの瞳がとても大きく見え、逆に体がちっちゃく見える。

スキッパーキではなく、別の子になったような、いつもと比べたら華奢に見えるサム。慣れてないからちゃんと洗えているか、確認しつつ洗い、シャンプーが残っていないか何度も確認しながらがっつり洗い流すが、サムは逃げる事もなく、おとなしくされるがままでシャンプータイム終了。
ここまではいい。シャンプーするのはいい。問題は乾かす事だ。

体をブルブルした後、タオルドライ。タオルだけでは当然乾かない。ざっくりとオーバーコートの水分をちょこっと取る程度。髪の毛乾かすのと一緒だよね。ドライヤーで乾かさないと。

スキッパーキの毛、甘く見ていたものだから、このドライヤーでの乾かしが大変。みんなやっているんだよね?凄いな。

生乾きだと雑菌が繁殖して皮膚トラブルの原因になりやすいから、完璧に乾かさないといけない。

最初はなんとなく乾いてきている感じがしたけれど、アンダーコートが曲者じゃないですか!

思い起こせば、ボクサーのジョンには可哀そうな事した。その一つが「洗い」犬用のシャンプーなんて普通の店にはおいてなく、ペットサロンすらあったかどうかの時代。
だから、コジャレタ感じは全くなく石鹸みたいなのを使い、ブラシでゴシゴシ洗って、水で洗い流して、タオルで拭いたら、あとはそのまんま。短毛種だったからなぁ。ブラシで擦られて痛かっただろうなあ。おとなしい良く出来た犬だったから、いろいろ我慢していただろう。なんてことを思い出し、目の前のスキッパーキの毛がボクサーのシングルコートと全く違い、乾きずらいダブルコートに手を焼いていた。

とにかく乾かない。乾きづらいスキッパーキのアンダーコート。ちゃんと乾かさないといけないから、しっかりしっかり乾かす・・・サムも疲れちゃうし、風嫌いだから余計嫌だよね。分かるよ。分かる。

サムは風が顔にかかるのが好きではない。扇風機の風に当たれば体感が違うかと思ったが、変な感じがするのか、扇風機の風が顔にくると、猫みたいに前足で顔を撫でるようにして、風がかからない場所に移動する。ドッグランで霧吹きで水をかけて貰った時にも、顔にかかった時同じような仕草をしている。風でも水でも、顔に何かがかかるという事が好きではないらしい。

最も、顔はタオルで拭くだけで問題ないが、ボディがどうにもこうにもなかなか乾かない。洗うのは全然問題なくお互い良いのだが、洗ったあと乾かすのに時間がかかる事が辛い。この乾かす時間、お互い面白くないだろうと思われるから、いつもドッグサロンにお願いしちゃうんですよね。







-スキッパーキ
-

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.