スキッパーキに吠えるコーギー

スキッパーキサムはちょっと困った感じでドッグランにいる。

何故困った感じかというと、コーギーちゃんがワンワンと吠えながらサムから離れようとしないのだ。

「こんなに遊ぼうってするの初めて」とか「初めていっぱい遊んだね」などとドッグランで言われることが多い。

いつも吠えるから相手してもらえないの。良かったと言われることも多い。

そう、スキッパーキサムは意外と熱烈にアプローチされることがあり、その勢いに文字通り閉口しているのだが、吠え返すこともなく、追い払うこともせず、サム自信は困った感じなのだが、反発しない所が遊んでいると思われているようなのだ。

サムから困っていると聞いた訳でもないし、そう思っただけなので、本当は嬉しいのかも知れない?



コーギーちゃんはかなり吠えているのだが、その表情と吠えている何となくのニュアンスで威嚇じゃない事は分かるのだが、何を語っているのかは全く人には分からない。

知らない人から見れば喧嘩うっている様にも見えるだろう。でもスキッパーキサムの対応から考えて、間違いなくマイナス的なものではない事だけは分かる。

超社交的だったり、話術が上手だったり?すればスマートに対応できるのかも知れないが(人間であれば)サムは耳を動かしたり、目がコーギーちゃん以外のワンコ達や周りの人など見て考えている風なので、今の状況に多少緊張しているみたいだ。

そして間違いなくコーギーちゃんはレディだ。

吠えられてもサムは吠え返さず、追い払いもしないのは、間違いなく相手がお嬢様だからだ。

サムはレディに優しいから、サムの表情(分かりづらいところではあるが)本当はどこかに行きたいのかも知れないが、走り出したりせずにいる。

ジェントルサム。



そこが、アプローチされる理由?

と言っても、お二人の事はわからないのでただ見ているだけしかできないけれど、相手してもらえるうちが花だよね。と思っていてたが、追いかけてくるコーギーちゃんよりも、ドッグランに入ってきた大きなゴールデンレトリーバーに惹かれたらしく、ゴールデンちゃんに走り寄るスキッパーキ。

サムは体格差を物ともせず積極的にアプローチ。

ゴールデンちゃん達はとても穏やかで優しいから、スキッパーキが付きまとっても追い払うこともしない。というか気にしていない。

サムはかなりの確率で自分の体格より大きいワンコ達と遊ぶ。同じぐらいが一番良いのだが、なかなか同体格のワンコと一緒にならない。

コーギーちゃんはちょっと寂しそうにサムを目で追っている。

相思相愛の仲には、なかなかなれないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください