サンシェード

その他

サンシェード

投稿日:

暑さと日焼け対策にサンシェードがあると教えてもらって、いろいろ探して検討した。
サンシェードといっても、要するに「服」だ。

スキッパーキサムは「裸族」でいつでも生まれたままの姿で過ごしている。
だから服を着せると固まる。

過去の経験より、「服」を着用するとサムはかなり嫌がる。
徐々に慣らせば服を着るのだろうが、あまりのサムの嫌さ加減を見ると、つい可哀想な気がして続ける事が出来なかった。
と言うよりもフードファイトにかけるエネルギーが大きくて、服を着せたいと言う熱意と努力がフードファイトに勝らなかった。

スキッパーキは頑固なところがある犬種。
サムは殆どのものにはあまり執着もなく、固執することもないのだが、「フードを食べる」と「服を着る」事だけは、
驚くぐらい抵抗する頑固さをみせる。

一つでも毎回毎日努力と気力、体力を使っているのに、それがダブルになったら、もう一日中スキッパーキとのファイティングになりかねない。
しかもスキッパーキサムの忍耐強い事は知っている。
その忍耐強さに付き合えきれない。だから服を着る事に慣らさずにきてしまった。

それなのでサンシェードを選ぶ時、如何にサムに着けやすく、あまり包みこまないちょっと羽織れる感じのもの。
その様なマント的に軽い感じのものがあればいいと思った。
服を着れるならば、すごく素敵なものが沢山ある。少し残念な気持ちになりながらサムに着てもらえるサンシェードを探した。

そして、ついに見つけた。
裸族のサムが着れそうな、着用が何よりも簡単で、締め付けも少なく、サムの動きに問題なさそうな「遮光」のものだ。
あまり見たことがないクールコート。
これなら服ということではなく、羽織るに近い感じなので、スキッパーキサムもいけるのではないのかと思った。
単なる思い込みの良かれと思ってのクールコートの選択なのだが、見つけることができた。

これで、夏の散歩もスキッパーキには大分負担が少なくなるだろうと思ったりした。

だが、サムとの夏場の散歩はできるだけ涼しい時に行くので、お日様が激しい日中には出かけない。
朝夕の日が和らいだ時、若しくは日が出る前、沈んだ後だったりする事も多いから、普段の散歩ではクールコートの
必要性はあまりないかもしれない。

後になってそう思ったのだが、良いものが見つかってよかった。
サム着てくださいね。お願いします。







-その他
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.