サムと一緒に暮らす為の予習

スキッパーキ

サムと一緒に暮らす為の予習

投稿日:2016年10月30日

スキッパーキのサムと暮らしていく為に犬の事をよく知ろうと思い、まずはネットでいろいろ調べて、バイブルと言われている本を始めいろいろな本を買って読んだ。
読んだだけで、分かるような事では無いのに・・・
読んだ本は軽く30冊を超えた(T ^ T)

中型犬のボクサーを飼っていたことがあるので、スキッパーキだって所詮小型犬。
小さいから大したことないだろうと甘い気持ちもあった。
だから本を読めば、ある程度予測出来たり、対応の仕方が分かっていればお互い幸せだという夢と希望だけで本を読むという事。犬のことが分かるという事で夢中になった。

本を読み進めていると、何も分かっていないことが分かった。
分かっていないので、書いてあることに対して素直に思い込みもなく、感心、戸惑いながらも面白く、次から次へと本を読むことができたのがまた嬉しかった。
バイブル系は犬のことをかなり細かく綴っていて、犬の行動や体の構造など、今まで知らなかった事に感激さえするほどだった。

ただ本の内容は同じ様な事を言っているのだけれども、肝心な事が書いてなかったり、本によって違う解釈、説明や指導であったりで、若干のバラツキがあった。
著者が外国人だと日本の生活では向かない飼い方もあったり。
日本人でも、それぞれ何かしら違って、正直何が正しいのか分からなくなった。

犬種、個性の違いはあるし、一緒にいないと分からない事もあるわけだから、仕方ないのだろうけど、自分としては犬がこの行動に出たら、こうしなさい。的な明確な答えが欲しかった(皆違うわけだからマニュアルなんて存在しないのにね)

飼い方、躾、トレーニング本だけで無く犬の事を少しでもやっている番組は必ずと言っていい程見た。
特に「犬マニア」ではいろいろな犬種の特徴や性格、飼い方などとても分かりやすくためになったが、肝心のスキッパーキは無かった(T ^ T)
番組の最後には必ず「犬には其々特徴個性があり、自分に合った犬を。そして一生を責任を持つ」とも。その時にはまだその言葉の意味を聞き流していた。
その他シーザーミラン、ヴィクトリアの番組、日本のトレーナーのDVD等見たり読んだりしていたせいで、段々犬を飼う事が不安になっていった。
何分スキッパーキと言う犬種は一般的ではない。
サムが家に来るまで時間は十分すぎるほどあったので、「本当に犬を飼えるのか?」という根本に突き当たった。
飼いやすい犬と言われているが、初心者は避けるべきとアドバイスしているところが多い。犬が賢い故難しいと。
一旦迷いが生じるとどんどん深みにはまって行く。
責任を持って死ぬまで面倒を見るという大前提がその時には重くのしかかってきた。

一生を共にするパートナー

悩んだ。時間があるから、なまじ本などで知識を入れてしまったから悩んだ。
やめておくべきか?
数日間悩んだ。そして気が付いた。

ありもしない問題を考えて臆病になり大切なものを手に入れられるチャンスなのに、放棄する事は無いと。
それからはサム@スキッパーキがいつ来ても良い様に準備を始めた。







-スキッパーキ
-

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.