サムはドライフードのカリカリが好き

フード

サムはドライフードのカリカリが好き

投稿日:2017年5月30日

スキッパーキサムはドライフードのカリカリが好き!そう。おそらくそうなのだ。

現に今ドライフードをカリカリ、ポリポリ食べている。
朝の回も、夜の回もちゃんと毎回嫌がらずにカリカリポリポリ食べる。
用意して。サムに出す時間も俄然短くなった。ふやかしていた時とは比較にならない程短縮された。何もしないで、そのまま直ぐ出すだけだから。

フードを食べなかった時嫌だったことがある。残したふやかしフードを捨てる時だ。食べ物を捨てる罪悪感。いくらか食べた時はまだいいが、全く食べなかったりした時は、半端なく寂しく悲しい気持ちの中に、少しの怒りさえ込み上げてきて、折角用意したのに!具合が悪いわけでもなさそうなのに、何でだ!と思った。

だけど今は、そのままお皿に入れるだけなので、手をかけることが無い分気が楽になってる。なによりもスキッパーキサムはキチンと食べるのだ。
良かった。本当に良かった。カリカリが好きだったんだと、本当にホッとしたものだった。
フードは変えていない。スキッパーキサムのお里で食べていた物だ。サムにしたらおふくろの味?ではないのかと思う。馴染んでいるものであり、ずっと同じメーカーのドッグフードをふやかした物しか食べていない。人ならばソウルフードにあたるはずの物なのだ。
だが、この今まで食べてきた。ふやかしたドライフードを食べなくなってきた。おふくろの味。家庭の味は人ならは食べ飽きない。毎日食べてても飽きない。でもサムは違うのだろう。
今食べているドライフードもふやかしてのフードも同じドックフード。ただお湯をくわえてふやかしたか、何もしていないかの違い。
ふやかさないだけで食べてくれるのだから。食感が嫌だったのかな?と思ったりもしていた。成長して歯応えがあるものの方が好きになったのかと、思ったりもした。

何もしなくても、そのままお皿に移すだけで食べてくれる。用意するのも、気も、楽だ。
同じ量でも、お湯でふやかしていた時は、それが当たり前で、普通だったけれども、ドライフードそのままでは、見た目のボリューム感が全然違う。
ふやかしフードは、ザ・ゴハン!という感じで、ずっしりとした重さと、まあまあのてんこ盛りで、さあ、食べなさい的な育ち盛りだったら嬉しい感じだったものが、ドライフードそのままだと、同じ量でも、そう多くは感じない。

もしかしたら、見た目も関係する?皿に盛られたフードのボリューム感も、サムにはプレッシャーだったのだろうか?他のスキッパーキ達は瞬殺に近い感じで、あっさり平らげて空の皿になっていたけれど、サムだけ食い進んでいなく、食べるのが遅い?と思ったことがあったりしたが、食べるのが遅いだけでは無かった。「食べたくない」という事があったのだ。同じ条件下で違いが出るのは何でだろう?サムは何で食べなのだろう?等と一寸考えたりもするが、真相は分からない。

何が決め手なのか、何を基準としているのか全く分からないが、同じドライフードをふやかしだと食べないが、そのままのドライフードならカリカリポリポリ食べているので、少なくとも「味」ではないようだ。







-フード
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.