サムの日焼け対策

健康

サムの日焼け対策

投稿日:2018年2月5日

スキッパーキサムの毛はダブルコートでまっ黒だから夏場は日の光を吸収して他の色より暑くなる。
そして陽の光を浴びると言うことは日焼けもする。その事に全く気がつかなかった。

「日焼け」

日焼けするということが全く念頭になかった。
黒いから日焼けで茶色くならない様に気をつけた方がいいと、暑さと日焼け対策にサンシェードがあり、
使うと暑さも大分違うと教えてもらう迄、日焼けしてしまうとは思わなかった。
人間は日焼け対策するのに、アドバイスをもらわなかったら気がつかなかっただろう事だった。

紫外線が目に及ぼす影響。白内障など加齢と共に蓄積されてきたものが現れるあまり良くない体の変化には
凄く気にした。
出来るだけ日が目に当たらない様見守った。出来ることならサングラスを掛けさせたいくらいだが、
せいぜい直接太陽を見ない様にと言うくらいの何の役にも立ってないが、気には掛けている。

部屋の中でも、車の中でも天気がよければ紫外線は強い。今は良いけど歳をとれば白内障になる可能性が高くなる。
人間は手術で治るが犬の場合水晶体が大きいことも難易度を上げていて人間よりもリスクが大きいと言うし、
歳をとってからの手術は負担が大きい。
だから出来るだけ今から気をつけられる事は気をつけたいと思ったりしているのだが・・・

実際、お天気の良い日にドッグランで思い切り遊ぶスキッパーキサムは「裸族」で、生まれたままの姿で
走り回っているので、何の注意もしていない。
ただ、たまに気をつけなければと思い出す様に脳裏によぎっていくのだ。

白内障に至っては加齢に伴って進行するものよりも遺伝的要因によるものの方が発生率が高いとも言われているので、
スキッパーキという比較的丈夫な犬種と言われているけれど、心配すればキリがない。

紫外線は白内障だけではなく、日焼けによって皮膚に影響を及ぼすからお日様は諸刃の剣だ。
ダブルコートだからケアレス、シングルコートのワンコ達よりは良いのだろうが、「日焼け」までは考えなかったなー
そのうち日焼けでまっ茶色になってしまうのだろうかと想像してしまった。
日焼けも気になるが、そもそも太陽の愛情を一身に集めてしまうまっ黒なコートが問題。

裸族のサムは服を着ないが、ここは一つ太陽の熱と日差しを少しでもブロックするために挑戦してみようと考えた。
そう、ひよけ、サンシェード。クールコートを探してみよう。







-健康
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.