サムと一緒に温泉に入ろう!

ペット宿

サムと一緒に温泉に入ろう!

投稿日:2017年3月10日

サムとの温泉旅行、楽しみだなぁ。
セルフトリミング室もプロ用なので、濡れたサムの毛を乾かすのも楽なはず。ガッツリ温泉に浸かって頂き、疲れとりましょうサム。
と、部屋にあるバスルームは見向きもせず、空いていることを確認して貸し切り温泉へまっしぐら。

一緒に温泉入れるのが嬉しい。貸し切り温泉としては広い。人間用の隣に同じ作りの小さな空の場所がワンちゃん専用風呂。お湯を入れるも結構時間がかかる。サムは洗い場をウロウロくんくんしている。初めての場所だものね。シャンプーリンスもあるし、少し体洗ってみた。おとなしく洗われるサム。やはり濡れると別犬だー。スキッパーキじゃないね。

温泉のお湯がなかなか溜まらないけど、足は浸かれる程度あるからと、サムをいれるも出たがる。あまり良くない?気持ちよくない?仕方ないね。
よくパンフレットやペット専用風呂の紹介で写っているワンコ達はとても気持ちよさそうにしているので、サムも好きかな?と思ったけど、大したことないわけね。ちょっと残念。お水大好きのラブラドール系だったら喜んだのかな?スキッパーキは特に水好き犬種じゃないからね。
温泉に浸かってサムを見ていられるのはいい。何をしているか分かるので安心。
いい風呂だった。だが、サムの毛を乾かさないといけない。でもプロが使っているものだから安心。安心。大丈夫!だと思っていた。直ぐに乾くものだと思っていた。
プロ用の機材を使ってもド素人。上手くスキッパーキの二重被毛を乾かすことが出来ない。時間かかった。温泉入るだけにしておけばよかった。サムを洗った事を後悔した。
やはり乾かすことを考えるとグルーミングはプロにお願いすべきだと再認識した。

ダイニングは席と隣の席との間に衝立があり、個室みたいな感じになっていたので、隣が気にならない。そしてワンコがすっぽり入る籠の専用椅子がサムの場所だった。初めてサムの目線がテーブルの位置。目の毒。鼻の毒だねサム。
案の定気になる気になる。好奇心いっぱいのスキッパーキパピー。ちょっとテーブルから離すも落ち着きない。当たり前だ。
だが、興味があるから人の動きを追うも、ソレだけで、食べ物を欲しいとかの要求はしない。
美味しい食事の後はお楽しみのドッグランタイム。芝生の上気持ちよさそうに楽しそうに走り回るスキッパーキ。芝生のドッグランの囲いの周りに、木があり、ウッドチップを敷いてあるドッグランが更にあるので、芝生のドッグランから出て、ハイドアンシーク。駆け回って探しに来るサム。元気だよね。ひとしきり走った後は匂いを嗅いだり、匂いを嗅ぐ。他のワンちゃんとも遊ぶも、相性があるから、ほどほどだね。でも匂いは嗅ぐ。
情報収集だから仕方ないか?
ドッグランが宿にあるとフリーで遊びまわれるからいいね。直ぐに来れるから楽だね。もう今日は思う存分楽しんだから、休もう。
サムは寝ていないから、本当はくたくただろうに、一緒に興奮しているから、いつまでたっても元気なスキッパーキだ。







-ペット宿
-, ,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.