ゴールデンレトリーバーと再会

つながり

ゴールデンレトリーバーと再会

投稿日:2017年12月1日

スキッパーキサムはカサカサと落ち葉の上を歩いていると、大きなゴールデンレトリーバーがきた。
いつもの事だが、大きければ大きいほど小型犬スキッパーキの事など気にしない感じでスルーして行く。だがそこは人懐こいゴールデンレトリーバーちゃん。

サムのことはスルーだけれど、ちゃんと挨拶に来てくれて、可愛いったらありゃしない。スリスリ、ぺろぺろ。いやいや可愛いよね。
サムも結構パワフルだと思うけど、ゴールデンちゃんは桁違いだー。そして、この愛情表現。押しの強さ、羨ましい。本当に羨ましい!つ、強くて負けそう〜。
ゴールデンちゃんと戯れるも、サムは特に近寄ってくるわけではなく、遠目で見ている。

いつもレトリーバーは愛らしい。サムも半分とは言わないが4分の一ぐらい見習って自分からスリスリしてくれたら良いのにと思う。
ドッグランで遊ぶワンちゃん達を見ていて、ふとゴールデンレトリーバーの飼い主さんとは前に会っている様な気がしてきたのだが、前と言ってももう一年以上前で、季節も夏のちょっと前だった。「サム」と名前で呼んでくれて、凄く自然にゴールデンレトリーバーのリクちゃんよりも「サム」と声をかけてくれて、可愛がってくれたのだ。
スキッパーキのサムとゴールデンレトリーバーのリクちゃんは一緒に遊ぶことはなかったけれど、穏やかで楽しい時間を過ごしたのだった。

その時の飼い主さんに凄く似ている気がするのだが、会う確率は凄く低いと思っていた。
今まで、スキッパーキのサムと、ものすごく相性がよくてまた会いたいと思っているワンコ達に一度たりとて会えた事はなかったし、同じ季節、同じ日みたいな事だったら、多少は有り得るけれど、全く違う季節だし、似ているけれど、本人の訳ないと思っていた。

可愛い洋服着ているゴールデンも似ているし、リクちゃん?とゴールデンに聞いてみるが、リクちゃんなのかどうなのかスリスリぺろぺろしてくれるけれど判明しない。そこで、もしかして去年の夏前にココにお泊まりしませんでしたか?と本人に尋ねてみたら、そうだった!
リクちゃんの飼い主さんもサムに見覚えがあって、前に会ったと思っていたけれど、何処であったのか考えていたと言う事で、奇遇ですねー。あるんですね。偶然の再会。
スキッパーキーとゴールデンレトリーバーは全くと言っていいほど今回も交流していなく、お互い忘れている風だったけれども、ちょっとした再会に感激。

何となく嬉しい感じでディナータイムにダイニングルームに行くと既にリクちゃん達は席についてリクちゃんはテーブルの下で大人しく伏せっていた。
テーブル間隔はとても広く、贅沢な漆黒の梁のある空間で、趣のある素敵なダイニングルーム。とても落ち着く。奥のリクちゃん達の隣のテーブルにつこうと近づくと、今まで吠えなかったサムが突然大人しくテーブルの下にいるリクちゃんに吠え出した。

え?何?どうした?サム何吠えているの?リクちゃん何もしていないのにと、その時に何故サムが吠えたのか分からなかった。
正直今までダイニングルームやカフェその他で他の犬と一緒になってもサムは自分から吠えかかる事をしたことがなかったので、サムがリクちゃんに吠えた事が衝撃だった。

他のワンちゃんには普段通りだったのにリクちゃんに何故吠えたのかその時は全く分からなかった。
少しはスキッパーキの事サムの事分かったかと思ってもそれはほんの一部。わからない事だらけだよサム。







-つながり
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.