もうすぐお誕生日

つながり

もうすぐお誕生日

投稿日:2018年1月14日

スキッパーキサムのサプライズバースディ計画
もうすぐスキッパーキサムの誕生日だ。
とは言ってもまだまだ先の話なのだが・・・

今迄はサムの誕生日に何かするなどと言う余裕がなかったので、
初めてスキッパーキサムに何かしたいと思い誕生日を指折り数えた。
何にでも余裕があるというのは良いものだ。

「サムの誕生日祝い」をしたい。
ばかだと思う。でも何かしたいのだ。

「誕生日」生まれたその瞬間は、何年何時何分など本人は知らない。
認知とか自覚するとかではなく、後に生まれた日を教えられ、おめでとうと言ってもらえる。
だから誕生日は祝福してもらえる素敵な日として刻み込まれる。幾つになってもうれしい日だ。

だから、スキッパーキサムの誕生日を何らかの形を持って祝福したい。
サムには全く分からないだろう。だけど何かしたくて仕方ない。
豪華な食事とか、サムに似合う何かあげてみたいと思う。

バースディケーキ(犬用)とか豪華な食事に憧れるのだが、それは単に自分の知っている何時もと違う設定なだけで、
スキッパーキサムと日々フードファイトを行なっている現状では、サムにスペシャルなものを食べさせられないことも知っている。
お誕生日だからと言ってご馳走を出す事はできないのが悲しいかな現実だ。

単なる自己満足だが、サムの誕生日を祝いたい。ご馳走をあげたいのだ。
ご馳走を出したらサムはきっと喜んで食べてくれるだろうなどと想像して勝手に悔しくなる。
サムの場合、食べるだろうと思っても食べなかったりするので、単純に妄想なのだが、
そんな事を考えるだけでも楽しい。

普通にフード食べてくれていればいいのに、食べ物に執着があったらいいのにと、
フードファイトをしている日々、毎日、毎回思ってしまう。
スキッパーキサムが脇目も振らず一心不乱に食べ物を瞬殺する姿を見れたらこの上なく嬉しい。

ふと目線を下に落とせば不思議そうにみているスキッパーキがいる。

サムにはバースディケーキも、特別な食べ物は上げる事はできないけど、何かお祝いしようね。
誕生日だって分からなくても、楽しい時間をサムの誕生日だから、いつもよりちょっと楽しい時間が増える何か
考えよう。

特別な食事は妄想だけだが、リアルスキッパーキサムには一緒に遊べるおもちゃのプレゼントをするというのはどうだろう?。
遊び道具だが、一緒に時間を過ごすアイテムでもあるおもちゃ。
ピンクちゃんやミルクちゃんの様に好きになってくれるおもちゃ。
サムの気に入るおもちゃが見つかるといいな。







-つながり
-,

Copyright© スキッパーキ まっ黒犬のサム・タイムズ , 2018 All Rights Reserved.