スキッパーキのサム、ドッグフードファイト序章戻ってきてから、朝1回のふやかしフード。それがサスキッパーキサムの1日の食事タイムでもあり、栄養補給だった。山盛りのふやかしフードを食べていて、ちゃんと食べると喜んでいたのも長くは続かず。残すようになった。
まずい。成長期のパピーの食べる量を食べてない。という事は栄養不足になってしまう?前に悩んだ事があったが、その時にはまだ、ふやかしたフードの形状を変え、固さを変えてなんとか食べていた。一日3回の食事タイムだったので、朝の回がダメであっても、昼の回、夜の回があり、なんとか挽回できた。要は一日に必要な量は分けて昼と夜でカバーできたのだ。
しかし、今は朝の回のみが食事タイム。次のチャンスは無い。
スキッパーキ軍団と一緒に食べてて、戻ってきても食べていたので、安心していた。
だが、スキッパーキ軍団での生活と今の生活では大いに違う。だからか?

ついついサムが成長期であることを考えると心配になる。これがいけないのだろう。

こうしてドッグフードファイトの序曲が始まっていくことになってしまった。

まずは朝の回で食べきれなかった分。いや、はっきり言えば食べず、残した。食べたくないのだ。この食べなかった分をどうするのか考えた。

食べなかったら、3日間食事を抜けば食べる。と教えて貰ってはいる。だが、やはりできない。
食べて欲しいのだ。少しでも多く食べて欲しいだけなのだ。だから、食べさせない事に抵抗があってできないのだ。

サムは食べなくても元気で、遊びに誘って来る。食べる事より遊ぶ事の方が好きらしい。
スキッパーキは少食だとムツゴロウ先生も言っていたし、実際それほど多く食べるわけではなさそうだ。ドッグフードの袋の後ろに書いてある体重によって必要なフードの量も人が食べる量に比べたらほんの僅かだ。心配のしすぎだろうけれど、健康第一。パピーだから成長する。成長には栄養が必要。となってしまい。自爆。

数日食べ残していても我慢して追加投入などせず粘った。食べなければ、次の日にはちゃんと食べるかと思ってのことだが、予想に反して、次の日も残す。その上更に食べない。お腹が空いていないわけでは無い。と思うが、サムは完食しない。喜んでフードを食べているように見えない。前と同様に仕方なさそうに食べ、もう結構ですと言わんばかりに動きが止まり、フードから離れる。その何とも無理して食べている風な姿と、食べ物をねだらないサムを見ていて、音を上げてしまった。
今思えば大した事では無かったのかも知れない。ハンガー・ストライキしているわけでは無く、単に食べ残しただけだったのだから。半分以上・・・

朝の食べなかった分を、夜の回を復活させて、あげてみることにした。
食べる。食べるでは無いか!
食事回数は1回でなくても2回でもいいと言っていたし。胃の負担を考えれば多い方がいいと言われている。概ね幼犬、老犬期は3〜4回成犬期1〜3回の食事回数が多いようだ。体の機能との関係、栄養の吸収の問題と個体差、そしてライフスタイルも関係している様だ。という事はサムは2回にしても問題がないわけで、食べてくれるのであれば朝の回、夜の回の2本立てで行こうと思った。

食べてくれるのであればそれが一番だった。

スポンサーリンク