ドッグショーで会うスキッパーキのサムスキッパーキは1グループだと教えてもらった。

1グループって、スキッパーキ以外の他犬種は大きくない?って、ドッグショーのパンフレットを見て思った。みんな同じ様な大きさで競うものだと思っていたので、同じグループの犬種を見て驚いた。

実際9グループは愛玩犬でみんな大きさ大差ない感じだし、他のグループも同じ犬種、ほぼ同じ様な大きさじゃないですか?!何故?なぜ1グループだけというか、大きい犬種の中に小型犬が???と思ったけど、スキッパーキは小さくても牧羊犬だもんね。1グループは牧羊犬、牧畜犬だからか・・・。でも大きさに差がありすぎない?シェパードと同じグループって。

1グループの審査を行う会場で、隠れる様に始まるのを待っていた。アナウンスが流れた。いよいよ始まる。

サムが来た!

テッテク、テッテク早歩きでリンクに登場。早いな。ゆっくり歩かず、早歩きなんだ。コッソリ人影から覗いてサムの姿を追いかける。サムを見たいあまりに見つめすぎた。あ、今サムと目が合った???と思ったとたん小走りしちゃった。何が良いか悪いかなんて分からない。サムがショーに出てる。単純に目の前のリンクにサムがいた。リアルサム。スキッパーキのサム。

ドッグショーで会うスキッパーキのサム尻尾があるのはサムだけで、他のスキッパーキはみんな尻尾がない。
丸っこい。サムは尻尾があって尻尾がないスキッパーキはとは全然見栄えが違う。どっちも可愛いのには変わらないけどね。ショーはあっけないほどあっという間に終わる。終わったから、堂々とサムと会える!それが一番嬉しい。

控えに戻るところのサムを見つけた。他のスキッパーキも一緒。サムが近寄ってきた!おおーサム。笑っている様に戯れる。サム?元気だった?
控えで暫くサムとじゃれさせて貰って話をしてた。そしたら、もうサムは完璧だから連れて帰っていいと。え?今?来週の予定だったから、そのつもりで今日は会うだけだと思ったのに、ビックリ!でも嬉しい。

本当は来週引き取りに行くから、引き取りの前日に温泉宿に泊まってのんびりして、朝もゆっくり出てサムを引き取りに行こうと計画し、宿の予約をしてたのだ。だから、想定外のお連れ帰りは嬉しいけれど、温泉のんびり計画中止だ−!予約取り消ししないと。キャンセルか−・・・キャンセル料取られる(泣)だったのでした。

連れて帰る前に、サムの散歩の仕方、正し方をレクチャーしてもらった。やはりまだまだ慣れていないせいか、歳のせいなのか、反応が遅い。タイミングって本当に難しい。褒める事も。え?こんなんで褒めるの?ってくらいちょっとしたことで褒めないといけないって・・・。叱った後、ちゃんとできたら褒めまくりする。褒めるって叱ることよりも難しい。笑顔も引きつる感じ。

そうこういろいろ教えて貰い、他のスキッパーキと挨拶して、さあ、サムお家に帰ろう。ドッグショーでサムがもらったロゼットリボンと共に帰宅。
眼鏡の優しそうな審査員の人だったなと、今頃思った。