スキッパーキインパラダイスラン宿をチェックアウトしてから、向かったのはどうぶつ王国。

沢山の動物がいていろいろなショーやイベントがあって、ワンちゃんと一緒に楽しめる施設だから、スキッパーキのサムと一緒にあちこち見て、他の動物達とも遊べると期待してのこと。(単なる動物好き)

駐車場には結構車が止まっている。一体みんな何時に家を出て来ているのだろうと思うくらい、那須の観光施設の駐車場は午前中の早い時間帯からいっぱいになる。
サムと入園して一緒に他のワンちゃん見たり、ショー見れると思ったら、案内があった。なんとぉ人間オンリー!?ふれあいアウト。見たければわんちゃん待合室なるものに預けると・・・残念。
まあ、考えれば当たり前なことだけれど、サムと一緒に見て回る事ができたら凄くよかったのにな。

では、いきなりスキッパーキのサム。本日のメインイベント!日本最大級の広さを誇るとあるドッグランに行きましょう。

どうぶつ王国はとても広く、ドッグランがあるエリアところまではバスで移動。
バス乗るの久し振り。勿論サムは初めてバスに乗るのだけれど、そういった感覚は無いから何にも普段と変わらない。バスにはワンチャン連れが数組いた。
外国では普通に犬も乗り物に乗れるところがある。特にドイツは凄い。何処に行くにも犬連れオッケー。それだけきちんと躾されているのだろうけど、違和感なく溶け込んでいるというところが凄いな、ドイツ。

ちょっとした森や湖など有り、日本だとキャンプ場的な広大なエリアのドッグランがあるっていうから、日本とは規模が違う。そこまで出来るしっかりした基盤があるドイツが羨ましい。
そんな羨ましいドイツの隣、ベルギーがスキッパーキの故郷。サムは日本生まれの日本育ちだから、ベルギーがどんなところか、スキッパーキの暮らしがどんなだったか知らないね。

バスに揺られてしばし路線バスの旅的な感じを味わいつつ、終点で降りると風が強い。砂埃舞う感じに吹き荒れている。
馬や羊がいて他にも動物園的な感じで居るけれど、サムと遊べるわけではないのでさっと見て回ってドックランへ行って見た。

スキッパーキインパラダイスランドッグランがとても広い。小型犬用?すごく広いが誰もいない。もう一つの方には数匹走り回っている。そこでそちらの方に挨拶しながら入り、様子を伺ってサムをフリーにした。
直ぐに先に遊んでいた黒柴ちゃんに誘われるように、スキッパーキのサムは一緒に走り去って行った。

黒柴ちゃんはスキッパーキのサムよりちょっと大きいが、ほぼ同じぐらいの大きさ。しかも遊びに誘ってくれる黒柴ちゃんは初めて。お互い気が合うらしく仲良くブラックアンド黒で遊んでいる。たまに他の子達とも混ざって遊ぶが、黒柴ちゃんがサムを気に入ってくれて誘ってくれている。ラッキー!なかなか気が合う遊び相手に会えないからね。

ここのドッグランは、パラダイスランという名前。パラダイスですね。広いのは気持ちがいい。まるで草原のよう。一面芝生なのでサムの足元も安心。少し強すぎるけれど、風が吹いているお陰で暑さも多少緩和されている気もする。

犬達は仲良く遊ぶ。アレ?サムの動きがおかしい。何してるかな?あ、でました!スキッパーキ。ツンデレ。可愛い子にアタックされて、微妙な応対かと思えば逆アタックしたりしている。、
またしても様子が変?椅子の下、木のところに隠れてる?他の子に遊びに誘われても遊ばない。・・・そうだよね。ダブル被毛のまっ黒スキッパーキだものね。
残暑とは言えお日様サンサンだから、高原であってもスキッパーキのダブル被毛はブラック熱を吸収して暑かろう。
しかも強風、疲れるよね。そこそこ遊んだから(ほぼドッグランだけど)帰ろう。涼しかったら、あっちこっち色々な所散歩出来そうだけど、今は無理。お疲れ様。