スキッパーキのサム、お泊まり宿のダイニングで我慢お泊まり宿に到着して、まずは荷物の運び込み。部屋は2階で何回も行ったり来たり階段を上り下りした。

一通り荷物を運んだので、スキッパーキのサムと宿の周りの散策に出かけた。

大きな木々の枝が張り出しているので、道は木陰で、涼しい。木の匂い、草の匂いがして、スキッパーキのサムは疲れ知らずの歩きっぷり。人もほとんどいなくて、静かでゆったりとした散策。あちこちにペンションがあり、その中の幾つかはワンちゃんOKのお宿のようだったようで、ワンちゃんの姿が見えた。

暫く散策すると、やたらと人と車が多いところに行き着いた。何だろうと思っていたら、過去にテレビチャンピオンで有名になったところだった。目の前の系列店は割と有名な犬専門ペンション。大型犬がいるのがみえる。

そこだけ賑やかだったが後は避暑地、別荘地特有の穏やかな雰囲気で1時間ぐらい散策して宿に戻り、夕食まで時間があるので露天風呂に入る事にし、サムと一緒に行った。

貸切露天温泉は贅沢で、しかも立派だ。旅館の有料の貸切風呂と大差ないぐらい。
脱衣所までOKなので、サムはリードをフックにかけ、待ってもらっていた。外の風呂だからか、脱衣所が湯船から見える。ちょこんと座ってじっとこちらを見ているであろう、スキッパーキのサムがいる。サムを見ながら入れる温泉、極楽ごくらく。
サムは何を思っているのか分からない。ちょっと離れると、全身まっ黒スキッパーキ。こっちを向いているのは分かるけど、目も鼻も良く分からない。黒って難しい色だ。

夕食の時間には、今まで会わなかったのが不思議なくらいワンちゃんがいた。時間通りなのに一番遅かったみたいで、既に宴が始まっているところもあった。案内されて席に着き、サムも足元に。

スキッパーキのサム、お泊まり宿のダイニングで我慢初めての場所で初めての経験ばかり。しかも夕食というシチュエーション。賑やかだ。
スキッパーキのサムは、今まで聞いたこともない音や臭いが沢山。そしてサムの目の前を、料理の給仕で行ったり来たりしているから落ち着かないだろう。落ち着けという方が無理な状況。まだサムはパピーで、いろいろと経験値を積んでいく最中なのだ。そんな状況の中吠える子もいるけれど、スキッパーキは吠える事はない。ダイニングに入った時から他のテーブルではうるさいくらい吠えている子もいるのに、本当に吠えない。スキッパーキのサム、流石だ!

吠えないけれど、目の前を人が通るから、動いている人を追ったり、声がする方を見たりと忙しない。かわいそうな感じだった。

食後にサムの写真を撮ってくれたのだか、黒色の写真を撮るのは難しい。黒という色は影も何もかも飲み込んでしまうので、陰影、立体感、表情を写真で表すのは難しい。うまくいかず何度も挑戦してくれているが、なかなか良い画が撮れないらしい。
そしてサムを上手く撮ろうと、あろう事かサムをお菓子で釣って写真を撮りだした。サムの気を引く為に鼻面あて、気を向けさせ食べさせた。それも何本も!食べさせてしまった。断りもなしにだ!

サムはパピーだし、お菓子だけはあげない方針で、あげた事がないのに、何も聞かず写真がうまく取れないから勝手にサムにあげた。その時のショックは言うまでもない。
手作り菓子だろうがなんだろうが、菓子は菓子。フードだけで頑張ってきたのに・・・
あげた事がないお菓子。食べさせた。勝手に…正直怒りが込み上げてきた。あげないで来たのに、勝手に、勝手に食べさせるなんて酷い。写真も撮り終わり部屋に戻る。

ずっと起きていたし、疲れているだろうサム。ウトウトしている。
そうだよね。眠いよね。 ほぼ寝落ち状態のサムを見て無茶苦茶可愛いと思った。スキッパーキプリティだとつくづくおもった。

スポンサーリンク